介護リフォーム

人気の水廻り設備が驚きの激安価格! 水廻り4点入替パック

在宅介護をする際、このような心配はありませんか?

  • 廊下が滑りやすくて危ない
  • トイレに介助スペースがほしい
  • 階段に手すりを取り付けたい
  • どこに頼んだらいいかわからない
  • リフォーム費用はどのくらいかかる?

はっぴいリフォームが
ケアマネージャーと連携して改修プランを提案

介護保険が適用されれば費用負担も減らせます。

介護保険が使える住宅改修って?

住宅改修が必要であると認められた住宅の要介護者・要支援者に対して、20万円を上限に公的介護保険が 支給されます。ただし、購入費用の1割(一定所得以上は2割)を対象者が負担することが条件です。

どんな場合に介護保険が使えるの?

介護保険では、一生涯20万円を上限として、住宅改修のための給付金が支給されます。その1割にあたる2万円が自己負担となります。これは要支援の人も要介護が1~5人の人も共通です。一度の改修で全額を使いきらない場合は、数回にわけて使うこともできます。

※要支援・要介護認定区分が3段階以上あがったときか転居した場合は、改めて上限20万円までの給付を受けることができます。

要介護状態区分(例)
要支援1 日常生活はできるが、身の回りの世話に一部介助が必要
要支援2 日常生活はできるが、身の回りの世話に一部介助が必要
要介護1 歩行、立ち上がりなどが不安定。入浴や排せつなどに一部手助けが必要
要介護2 歩行、立ち上がりなどはできない。入浴や排せつなどに手助けが必要
要介護3 入浴や排せつ、衣服の着脱など、日常生活に全面的な手助けが必要
要介護4 食事や入浴、排せつ、衣服の着脱など、日常生活に全面的な手助けが必要
要介護5 意思を伝えることが困難で、全面的な手助けが必要

介護保険を使ってどんな住宅改修ができるの?

浴室

ドアの開口幅を広げる・手すり設置・脱衣所と浴室の段差解消・床を滑りにくくする

施工例1

タイルの上に、すべりにくいシートを貼りました。ひんやりしないので寒い冬も快適。掃除がしやすくなるのも魅力です。

工事費用10万5,000円(税別)


施工例2

最新のシステムバスに交換し、入りやすさ・暖かさが格段に上がりました。以前より掃除がしやすくなったのもポイントです。

工事費用99万5,000円(税別)



トイレ

和式から洋式に取り換えて立ち上がりを楽に・手すり設置・介助スペースを設ける・ドアの開口幅を広げる

施工例1

トイレの壁に補強板を取り付け、手すりを配置。安心・安全なトイレ空間を実現しました。

工事費用3万6,000円(税別)


施工例2

大掛かりな工事なしで和式トイレを洋式トイレに変更できるスワレットを設置し、温水洗浄便座に。オート開閉の便座で使いやすさも抜群です

工事費用23万5,000円(税別)


施工例3

和式トイレを解体してウォシュレット一体型便器を設置。内装・タオル掛け・紙巻き器も一新して生まれ変わりました。

工事費用31万円(税別)



階段

手すりの設置・滑りにくい加工・夜間の転倒防止に・段差が目立つ工夫をする・階段昇降機設置

施工例

後付け補強板を使って、手すりを頑丈に取り付け。ご家族が使いやすい高さに調整しました。

工事費用6万円(税別)



玄関(内側)

段差の解消に踏み台を置く・床を滑りにくくする・靴を脱着するための腰掛けや手すりの設置・車いす用段差解消リフト設置

施工例1

・式台設置(既存利用)
・手すり設置

工事費用6万8,000円(税別)


施工例2

・後付け補強板
・手すり設置

工事費用3万8,000円(税別)



居室

・車いすに向かない畳や歩行時に滑りやすい床などを、フローリングや固い床材に変更
・各室間の床の段差を解消

施工例

・畳撤去・処分
・下地木材組み
・断熱材敷き込み
・下地ベニア貼り
・フローリング貼り

工事費用24万5,000円(税別)



廊下

手すりの設置・部屋のドアを引き戸に・段差の解消

施工例

・壁下地補強
・手すり取付

工事費用5万9,800円(税別)



手すり取付(3箇所)

施工例

・浴室I型横手すり取付(L600)
・浴室I型縦手すり取付(L1000)
・階段手摺取付(L2700)

工事費用12万円(税別)



外部

アプローチに手すりを設置・スロープを付けて段差をなくす・玄関ドアを引き戸にする・足元灯や玄関灯を設置

施工例1

・手すり設置

工事費用4万3,000円(税別)


施工例2

・手すり設置
・タイル工事

工事費用17万4,000円(税別)


施工例3

・コア抜き
・独立基礎

工事費用6万6,000円 (税別)



住宅改修の流れ

1.ケアマネージャーに相談

ケアマネージャーが利用者の状況やご家族の意思を聞きながら、住宅改修の必要な箇所をチェックしていきます。

2.住宅改修プランの作成

施工業者とケアマネージャーで改修箇所の打ち合わせ(確認)を行い、施工業者が見積書を作成します。

3.保険者への事前申請

申請に必要な書類を揃えて介護福祉課に提出します。

必要書類 ※焼津市の場合

  • 介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給申請書〈事前申請用〉
  • 住宅改修が必要な理由書(ケアマネージャーが準備)
  • 承諾書(住宅の所有者が被保険者以外にいる場合)
  • 見積書(具体的な内容が明記されたもの)
  • 着工前の写真(写真の中に撮影日が入っているもの)
  • 平面図(改修箇所を記載したもの)

約一週間後
介護福祉課より申請者宅に「確認通知書」が届きます。

4.施工・完成

5.住宅改修費の支給申請・決定

必要書類 ※焼津市の場合

  • 介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給申請書〈完成後用〉
  • 住宅改修が必要な理由書(完成後の評価欄を記入)
  • 被保険者宛の領収書の原本
  • 実際に改修にかかった費用の工事費内訳書(具体的な内容が明記されたもの)
  • 完成後の写真(写真の中に撮影日が入っているもの)

6.保険給付分を支給

利用者の口座に振り込まれます。